拡張子のアルファベット順リスト

.BKUPファイル拡張子

ファイルの説明

BKUP file is a backup file is generated by a number of software applications. Generally such files are created before execution of any task in order to prevent any kind of data loss.

A number of applications before performing any complex task create a backup file of the data on which task is to be executed or the application itself in case some changings are to be made in the application. This allows the user to revert to the previous setting and configuration of the application in case the application crashes and the task is not performed completely by the application.

問題の説明
あなたがお使いのコンピュータに開くことのできない.BKUPファイルがある場合、あなたは同じようなファイルや未知のファイルを開くのに苦労している他の幾千のユーザーたちと同じ状況に置かれていると言えます。

ファイル拡張子が.BKUPであるファイルを開くことができない原因は、いくつか考えられます。.BKUPファイルに関する最もよくある問題の解決法は、まさにこのサイトで見つけることができます。それはすなわち、そのファイルを開くのに適切なプログラムが、あなたのコンピュータにインストールされていない、ということです。
解決法
次に示すリストから適切なプログラムを選択し、インストールした後、開くことのできなかったファイルのアイコンをダブルクリックしてみましょう - .BKUPファイルに関する問題は解決されているはずです。もしそうでなかった場合、前のページに戻り、そのページの下に提示されているその他の考えられる原因を読んでください。
カテゴリ
バックアップファイル
Developer
N/A
人気度
StarStar
ファイル名: Backup File
このファイルを取り扱うプログラム:
Linux
Linux
cPanel cPanel
注意!
ファイル拡張子.BKUPは、いくつかの全く関連性のないファイル形式に対応している場合もあります。もし拡張子に.BKUPを持つファイル形式が複数あった場合、そのほとんどはこのサイトで見つけることができるでしょう。特定の種類のファイルを取り扱うプログラムをダウンロードする必要があるのをお忘れなく。まずはこのページ全体をよく読み、その上でお持ちのファイルを取り扱うプログラムを選択しましょう。

.BKUPファイルを開けない他の考えられる原因

前述した問題、つまり.BKUPファイルを取り扱う適切なアプリケーションがインストールされていないことの他にも、そのファイル形式を開くことができない原因は、いくつか考えられます:

1. インストールされたアプリケーションのバージョンが適切でない

適切なバージョンのアプリケーションがインストールされていないことは、よく起こりがちな問題です。.BKUPファイルを取り扱うはずのアプリケーションをお持ちの場合でも、そのバージョン違いによりファイルが開けないこともあります。以前のバージョンのアプリケーションでは.BKUPファイルを開けないことも考えられるため、アプリケーションの更新を行った後に再度試してみましょう。

2. .BKUPファイルとプログラムとの関連付けが適切でない

適切なバージョンのアプリケーションがインストールされている場合でも、オペレーティングシステムがそのファイルを取り扱うプログラムを認識していない場合は、そのファイルを開けないこともあります。ですから、コンピュータがどのプログラムを使うべきかを、”指示”してあげる必要があります。そのためには:

  • .BKUPファイルを右クリックし
  • ”プログラムを指定して開く”を選択し、”規定のプログラムとして使う”を選び
  • 適切なアプリケーションを探しましょう
  • Kliknij "OK"

3. ファイルが損傷している

開こうとしているファイルが損傷しているため、開けないこともあります。そのような場合は別のバージョンを見つけるか、提供元から再度送信してもらうようお願いしてみましょう。